まん延防止措置解除も対策継続 札幌の飲食店時短要請も

北海道のまん延防止等重点措置は11日で解除されました。

しかしながら、
「北海道は感染の再拡大を防ぐため、札幌市で12日から2週間(25日まで)、飲食店などへの時短要請を続け、営業は午後9時まで、酒の提供は午後8時までに短縮するよう要請しています。」

会員の皆様でセッティングを考えておられる方は、女性とのデート開始時間を気を付けてください。
遅い時間のセッティングで女性とお食事等楽しむ方は、21時閉店で追い出されるかもしれません。

シティホテル、ビジネスホテル、ラブホテル等は規制外ですかね。
お部屋で一杯というのも良い手かも!

東京の会員様は依然として、非常事態宣言が長期にわたり発令されておられるので懸念しております。

北海道の規定は

要請期間
令和3年6月21日(月曜日)から令和3年7月11日(日曜日)までの21日間

対象施設
札幌市内全域の飲食店、カラオケ店、結婚式場

要請内容
①営業時間は、午前5時から午後8時まで

②酒類の提供(利用者による酒類の店内持込を含む)は、以下の全ての要件(※)を満たした店舗に限り、午前11時から午後7時までできることとし、要件を満たさない店舗については、酒類の提供を行わない。